糖尿病の症状を把握しておくことが早期発見に繋がる

看護師

生活習慣病といえば

看護師

糖尿病に関心のある人が増えている。糖尿病はネットなどで簡易的に調べることができる。診断は病院で行う。糖尿病には二種類ある。一型は遺伝によるもので一生インシュリンが必要である。二型は食習慣が原因の事が多い。

詳しくはコチラ

食生活を考える

ハートを持つ看護師

体重が増加した場合、糖尿病の可能性がある。糖尿病は体内の血糖が使えなくなりエネルギー生成が支障をうける疾患である。そのため体がだるくなったりと、様々な症状がでる。糖尿病は日本では食の欧米化によって増加した。これは世界中でみられ、各国が対策を講じている。

詳しくはコチラ

運動と生活習慣病

ファミリー

糖尿病の治療には食事療法や運動療法がある。食事療法ではカロリーに注意する。運動療法では有酸素運動が効果的である。糖尿病の治療には注意点がある。薬物療法では医師の指示通りに内服する事が肝要である。食事療法では規則正しく、一定の量を食べることが低血糖予防につながる。運動療法では事前に糖を摂取するとよい。

詳しくはコチラ

糖の病気とは

悩む3人の女性

病気の発見の動向

糖尿病の主な症状には、体重の大幅な減少、尿に糖が含まれる食欲の亢進が挙げられます。体重減少はブドウ糖がうまくエネルギーとして使われないために、脂肪や筋肉などその他のエネルギー源が活動に用いられ、更に糖尿病では多くの水分を必要とするためと考えられています。また、糖尿病ではブドウ糖の分解機能が低下するため、尿に糖が含まれます。このようにブドウ糖を効率的にエネルギーにできない結果、外部から多くのエネルギーを必要とし、食欲亢進の症状が出てきます。これらは糖尿病の中でも初期の症状で、最近は検査技術の発達、会社などでの健康診断の実施の普及、糖尿病の知識の広がりにより、初期症状の段階で糖尿病が見つかることが多いです。今後もこの動向は医療の発展に伴って続くでしょう。

前兆の理解も大事

糖尿病の初期症状とは別に、「前兆」と呼ばれる身体症状が表れることがあります。代表的な前兆は急激な肥満化と、異常な喉の渇きです。肥満の状態ではインスリンという物質を多く必要としますが、糖尿病ではインスリンの量が低下し、太りやすくなり、更にインスリンを必要とする悪循環に陥ります。また、糖尿病の大きな特徴として、血液のドロドロ化が挙げられます。血液がドロドロしていると、それを薄めるために体は多くの水分を必要とします、その結果、異常なほどに喉が渇く頻度が高まるという前兆が見られます。生活習慣に不安のある方は、このような糖尿病の知識をしっかりと深め、異常が生じたら早めの受診や検査を受ける工夫が大切です。